手遅れになる前に

医者

認めてあげましょう

うつ病とは、初期症状に「理由もなく悲しい」、「寝つきが悪い」、「何をするのも億劫」などが挙げられます。上記の症状が2週間以上続いている場合は、うつ病かもしれないと疑ったほうが良いようです。初期症状を見逃して、そのままにしてしまうと、中々治りにくくなってしまう可能性があります。うつ病になると、自分に対して、または周囲に対してイライラしてしまうことが多くなります。そして、そのイライラを自分の中でコントロール出来なくなってしまうこともあります。また、思うようにやりたいことが出来なくなってしまうため、どうして自分には何も出来ないんだというイライラも増えてくるでしょう。認めたくないことかもしれませんが、まずは自分自身の異変のサインに気づき、認めてあげることが大切です。早いうちに病院に行き、早めに対処することで、回復に繋がります。また、周囲の方も、異変に気がついてあげることが必要になってきます。むやみに励ましたり、アドバイスしたりするのではなく、親身に話を聞いてあげましょう。うつ病の原因は、一つではないと言われています。本人にとって非常に辛い出来事がきっかけとなることが多いのですが、それまでの様々な要因が積み重なって発症してしまうということもあります。例えば、職場や家庭内での人間関係などの環境要因が大きなきっかけとなりやすいと言われています。考えてもいなかった、突然の身内の死や病気などが原因で、精神的に参ってしまう方もいるでしょう。また、真面目で責任感が辛い方はその分大きなストレスを抱えてしまうことが多いため、うつ病になってしまうこともあると言われています。いずれにせよ、免れることが出来ないきっかけや原因によって、うつ病が発症してしまうのです。誰しもが発症してしまう可能性がある病気だと言えます。一度うつ病になり、回復した方でも、医師に相談することなく通院をやめてしまうと再発してしまう可能性があります。自己判断で薬を飲むのを減らしてしまうことは、再発にも繋がるため、気をつけた方が良いでしょう。回復しても再発を防止するために、薬を服用し続けることが必要な場合もあるので、注意が必要です。

カウンセリング

治療を始めるなら

うつ病を治療するということであれば、様々なことを知っておくことが大事です。最近では、多くの治療方法などもあります。また、周りの人がきちんとサポートしていくことも治りを早くしていきます。あせらないことも重要です。

詳しく見る

男性

早めの治療が良い結果に

うつ病にかかると精神的にも肉体的も家族のフォローが必要になります。出来るだけ早く症状をみつけることも、早く回復する方法になるため普段からのチェックも必要になります。家族と患者さんとの相互協力が良い結果を生みます。

詳しく見る

悩む男性

評判から選択しよう

うつ病かどうかは自分で判断することはできません。専門医に診てもらいましょう。もちろん信頼できる専門医の居る精神科や心療内科を選択するためには、世間の評判を調べることをおすすめします。人気のところを受診しましょう。

詳しく見る

医者

定期的な診察が大切

うつ病の治療には身近にある医療機関を利用するのが便利です。病院では問診と検査を経て、診断となります。中心となる薬物療法では、症状に応じて薬の加減がなされます。長期の治療となれば、費用がかかりますが、支援制度を利用すれば軽減できます。

詳しく見る

看護師

病院に行く前にまず予約

うつ病には、抑うつ病、夏季うつ、冬季うつ、産後うつなど様々な種類があります。どの病気も早期に発見し治療を始めることが大切です。もし病院で診てもらう場合は、突然訪問するのではなくまずは問い合わせて予約を取ることが大切です。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病の症状【やりたいことが出来なくなってしまう】 All Rights Reserved.